フクホー無担保ローン

ご契約条件表
ご融資限度額
5〜10万円未満
10万円〜100万円未満
※1
100万円〜200万円
※1
ご利用対象者
20歳以上で継続的に収入のある方
(無職の方はご契約できません)
お利息
(実質年率)7.30%〜20.00%
必要書類
身分証明書の写し・健康保険証の写し等
(運転免許証等の公的証明書をご用意下さい。) ※2
所得を証明する書類の写し等
所得証明書原本・住民票原本・その他、当社が必要と認めた書類
返済期間
最長5年 (1〜60回)
返済方式
元金自由返済又は元利均等返済
担保/保証人
原則不要
遅延損害金
(実質年率)20.00%
※1
新規のお客様で、Web上でお申込みの場合は、初回50万までのご契約となります。
※2
ご来店契約の場合は、事前に必要書類をご確認下さい。
また、証明書の記載住所と現住所が異なる際は、公共料金の領収書等、現住所が確認できるものを別途ご用意下さい。

戻る

消費者金融比較情報

消費者金融会社でのキャッシングでは、利率が大事です。
金融会社の扱うサービスの一つで、少額のお金を借りることができるものがキャッシングです。
適用される利率は利用する店舗などによっても違いがあります。
キャッシングは、テレビCMやネットなどの公告にもよく見かけます。
利率が書かれている場合、一番低い利率が表示されているようです。
キャッシングは利用時にその金融会社の審査を受けなければならず、審査の結果によって利率などが決まります。
貸付条件や利率の違いは、審査に基づいています。
金融会社といっても色々あり、利率の違いも意外と大きいものです。
低金利で貸し付けてくれる金融会社からお金を借りれば、つく利息を少なくすることができます。
気軽に融資を受けられるといっても、安易なキャッシングは返済に行きづまり多重債務状態の原因になってしまいます。
最近は法改正もあり、今までのようないわゆるグレーゾーン金利による融資が撤廃されたため、利率の上限は明確化されています。
かつての利率は29.2%まで認められていましたが、2012年に法律が変わったことにより、利率は20%となっています。
キャッシングは、かつてと比較するととても手軽な存在になりました。
借りたお金はきちんと返済できるようにお金の算段をしっかりさせた上で、キャッシングを使う時は利率などにも目を通すことです。