初めに/お金を借りるには

銀行のローン/キャッシング
銀行系消費者金融のローン/キャッシング
信販系消費者金融のローン/キャッシング
消費者金融系のローン/キャッシング
などに分けられます。

それぞれメリット、デメリットがありますので使い分けて利用することが一番賢い方法だと思います。

銀行の場合は、審査はかなり厳しいです。

しかし金利は一番低いです。

信販系ではカードで買い物もでき、一括で支払う場合は金利は掛かりません。

しかし、キャッシングする場合は金利も必ず掛かり、キャッシング枠と言うお金を借りる金額の上限も決められています。

純粋にお金が必要な場合は消費者金融のほうが金利なども含め有利な場合も多々あります。

グレーゾーン金利廃止により消費者金融もかなり金利が低くなりました。

以上をふまえた上で賢いお金の借り方を考えましょう。

借りる方それぞれの利用内容がありますので一概にコレが良いとは残念ながら言えません。

あとは在り来たりですが、計画的にご利用することをお願い致します。

TOP


お金を借りる場合の注意点は事前にシュミレーションを行うことが大切です。

シュミレーションのある金融サイトで注意する点は返済日の入力を間違えることです。

お金を借りる会社によって、返済日が違うことも注意しましょう。

ちゃんと返済日を確認せず、ちょうどよさそうな日を適当に入力して試算をしたりする人がいます。

そうすると、事実と異なる返済総額になってしまい計画がうまくいかないことになります。

例えば借りたお金を2週間後に返済するという場合、何日間借りたことになるのでしょう。

融資日そのものは1日目としてカウントするのかなども、計算をする上では重要な要素です。

金融会社ごとに決まっている決済日は、事前に把握しておくことが重要です。

お金を借りるシュミレーションでは低い金額だったのに、実際に払う段階になったら金額が違っていたと言う場合があります。

その原因はいくつかありますが、引き落とし日の違いが響いている場合があります。

シュミレーションを事前にしておくことはとても大事ですが、前提となる条件を間違っていたために、引き落としの期日が異なっていたということもあります。

そういうことで滞りなくお金を完済をするためには、シュミレーションへの条件をしっかり入れることが大切です。