審査基準って?

クレジットカードなどを作る為には、やはり審査を受けて審査に通った人だけカードを発行してもらえます。

色々なクレジットカード会社が存在しますが、審査の判断基準として3Cと呼ばれるものを利用して判断しているようです。

んでその「3C」とは果たしてどんな審査の基準で構成されているのでしょうか?。

その前にローンの審査では、当たり前と言えますが医師や弁護士など社会的な地位が高い人が評価がよいです。

しかし、日本の場合はそんなお金持ちがお金を借りたりするでしょうか?。

ということで、顧客対象としては一部株式に上場している会社での勤続年数が長い人、身分の安定している公務員などで持ち家があり、年収も高い人であれば、審査の結果はよいものになるでしょう。

私が思った感じでは、キャバ嬢や日雇い労働者などは収入が安定しない職業と見なされるようです。

また、フリーターやアルバイトの収入も不安定であるとされ、審査が厳しいことになる可能性はあると思います。

やっぱり信用というのは大きいことになるということでしょうが、それはある程度仕方ないことでしょう。

話が逸れましたが、3Cの1つめはCapacityと呼ばれ、資金力を意味します。

継続して返済することのできる一定の収入があるかどうかという返済能力をみるものです。

二つめは資産、キャラクターです。

責任感を持って返済をすることができるかどうか、申込者の人の信用性を判断するといったところでしょうか。

三つめは資産、キャピタルです。

不動産や貯蓄、自家用車など、資金を多く持っているかどうかということとです。

以上の審査基準は会社毎に違いますが、おおよそ審査で重視されているのはこれらがのことと考えていいでしょう。

お金を借りたい方は以上の事を、念頭に置きながら検討することをお勧めします。

以上、簡単ではありますが審査基準に関してお話してみました。

戻る

消費者金融比較検索