キャッシングに関する法律

お金を借りると金利がついてきて、その分多く返済しなければいけません。

と、そんなことは誰でも知っていて、それを前提にしてお金を借りていることだと思います。

ではその金利設定に関することについてはどうでしょうか?。

貸金業者が契約したとき初めに指定している金利は何%かあなたは覚えていますか?。

さて、本題に入りますが、お金の貸し借りに関して、「出資法」という法律があります。

それは貸金業者が定める利息が何%までならOKなのか、つまり上限を決めているのです。

以前は、「出資法」から見ると、金利の上限は29.2%ということになっていました。

例えば100万円を1年間返済せずに借りた場合、29万2000円の利息がつくということになります。

ただし現在では、「利息制限法」という法律が別にあり、その基準内で利息を決めるということが決まりました。

その「利息制限法」で定められている利息の上限は融資額によって細かく定められています。

例えば100万円借りた場合の利息は、年間最大で15パーセントまで、つまり15万円までとなります。

逆に金利が「利息制限法」によるものより低い分場合は全く問題はありません。

このように「出資法」と「利息制限法」は互いの規則が合っていなかったことから、「グレーゾーン金利」と言われていました。

そして最終的には法律が見直されて現在に至ります。

そういうことで、あなたもお金を借りる際は、きちんと金利の確認をして利用することが大切です。

戻る

TOPへ