金融審査項目
メールアドレス

「結果確認画面」へのリンクと「受付番号」がをメールにて送られてきます。

48時間以内であれば、いつでも審査結果を確認できます。

戻る

消費者金融比較厳選情報

キャッシングの限度額は、高ければいいというわけではありません。
たくさんの借入が本当に必要な金額よりできる状況にいると、ささいな理由で気持ちが大きくなって借りてしまうことがあるようです。
カードの紛失などトラブルが発生した時の被害を最小限に留めることが、キャッシングの限度額を低くしておくことで可能となります。
金融会社に電話などで問い合わせることで、限度額の減額は増額より簡単なので手続きができるでしょう。
よくクレジットカードを作った時に、キャッシング機能がついているということを聞きます。
限度額は使う予定のないキャッシング枠ならば下げておくのが、防犯のためには良いかもしれません。
金融会社側から限度額の減額を申し出てくることが、最近では貸し倒れ問題の悪化などが原因であるといいます。
かつては延滞さえしなければ減額はまずありませんでしたが、最近はそれ以外の点にも注意が必要です。
限度額を減額されることが、転職や転居の届け出をしていなかった場合や、他社での借入件数が増えている人は、あるといいます。
おすすめなのは、限度額増額の相談をすることで、キャッシングの件数を増やすよりも印象が良いようです。