消費者金融とは

消費者金融とは個人への金銭の貸付けのことである。
一般の個人に対して無担保で融資事業を行っている貸金業業者のこと。
俗語で、サラ金(サラリー金融)、街金などとも言う。
街金とは、その街に根づく小さな規模の消費者金融のことを指しているのではないかと当管理人は思っている。
サラ金は主にサラリーマンにお金を貸すのでそう言われるようになったのではないかと考えられる。
間違っていたらごめんなさい。

戻る

消費者金融検索TOP

街金融や金融機関などの企業が株式会社とは違うサラリーマン等に向きでキャッシュを貸し出す事をキャッシングするというのです。
比較的にキャッシングプランとは専用の 端末と card を用いたりして金銭の貸し出しを利用する仕組みになると思います。
キャッシングサービスの利用は利用する人当人の調査と信用度により実施されますので、通 常は担保なしで連帯保証人も不要と考えられます。
重ねて、消費者金融のカードの給付手数料や年会費などもたいてい支払う義務はないので、遠慮なくキャッシングを使用す る事ができるのです。
キャッシングサービスを利用することができる歳は18歳以上と決まっています。
これにより規則的な給料があった際にはよくいわれるのはほぼ全員キ ャッシングサービスを活用できるということです。
返済の手段として郵便局協力専用の端末や店頭受付、コンビニエンスストアを利用した返済、口座振替や他に郵便書留等を 選択できます。
利息についてですが利用日数によって計算されます。
結局お金を借りてから返済までの活用期間が短期間であれば金利も少なくて済むという機能的な作りにな ったのも記憶に新しいです。
キャッシングの場合たいていの金融機関のローンのように用途が制限されていないのが大多数なので借り受けたお金を何に利用しても特に問題は ありません。
その点でも、夜などに不意にお金が要る時に面倒なく利用することができるのだと考えられます。