ブラック(ブラックリスト)とは

ブラックとは支払の延滞や貸し倒れ情報などが情報機関に登録される事を指します。
その情報が情報機関に載っていることをブラックリストと呼ばれていますが、実際にはブラックリストと言う言葉は存在しません。

戻る

消費者金融比較
ブラックリストと言う場合もありますが、そんな形のものは本当はないのです。
一般的に、消費者金融のブラックとは個々の金融機関の審査基準に条件が適応しているかのことだといわれています。
街金によってはブラックリストになっていなかったりするような場合もあり判断が難しいです。
金融業界の機関などにブラックとかいう利用履歴を保持されてしまうとサラ金に感づかれてしまうようです。
消費者金融のブラックの方々は借金をすることがとても不可能とサジを投げています。
金融ブラックなどではなく異なる根拠で信用審査に落ちている時なども思われます。
にも関わらず、借金ができたといってもキャッシングし過ぎては非常に危険です。
何故なら、借金をすると返金しないと取立てが厳しくなるからではないでしょうか。
意味のない消費者金融の利用は利子などもマイナスだし厄介事などに関連する可能性がとても高いというのが一般的です。