特定調停とは

特定調停とは裁判所を通して消費者金融会社と支払に付いて話し合います。
内容は支払負担を減らすために将来利息を免除したり元金の引き直しなどをお願いするものです。
勿論、過払い金がある場合にはその分は差し引かれます。
以上のように特定調停は、自己破産までは行かないけど、その一歩手前と言ったところでしょうか。
自己破産にした場合は、その後色々な制約が付きまとうのでしない方が多いです。
つまり本当にどうしようもなくなった方は自己破産を、まだなんとかなりそうだと考えている方は特定調停で乗り切るようにした方が賢明と言うことです。
そして先ほど述べた、任意整理はまだなんとかなると思っている方用です。
どちらにしてもそこらへんの判断は、弁護士と密に話し合い決めるようにしましょう。
素人考えだけでは、間違いや勘違い等が発生する可能性があります。

戻る

消費者金融検索TOP